車のハナシ

【車のこと】自分が事故をされたとき。(10対0)【裏側#11】

こんちゃ〜♪

昔、後ろからノーブレーキで突っ込まれたことのあるKyururu Projectのふくすけです。

赤信号の交差点で止まってるとルームミラー越しにすげぇスピードの車が近づいてきて

『あ?アイツ止まれるんか?』と思った瞬間ドカン_(  _‾ω‾ )_

上のことを思った瞬間にサイドブレーキをガッツリ引いて無意識に覚悟を決めてた自分にあのときばかりは救われましたw

(ホント玉突き事故にならんでよかった。。)

正直、覚悟しとっても突っ込まれた瞬間、

スポンサードサーチ

『あ…首から下がイッたわ。。。』

って思うぐらいの衝撃でした(笑)

ちなみに相手は居眠り運転(怒)

さて、なぜこの話をするかと言うと…

最近連日ニュースでやってる痛ましい事故。

内容はニュースでやってますし…

容疑者叩きや現場の状況などは散々テレビやネットでやってるのでそこはなにも言いません。

一言だけ言わせてもらうと

『若い未来をその手で奪った』

ってことが自分はなにがあっても許さないし許しちゃいけないことだと思ってます。

さぁ…自分の気持ちを述べたところで冷静になって考えなきゃいけないことがあると思います。

それは…上で書いたように事故は誰だって起こること、たとえ自分が止まっているときだって事故を食らうこともあると実感しました。

あの時はとっさにサイドブレーキを引っ張り上げたので(幸い?)自分だけ、突っ込んだ人だけで済んだのですが…

最悪の事態になるとあれでも前の車や交差点を歩いてる方を《自分が》はねてしまう可能性は0%ではないってことをよく考える必要があると思っております。

(エボさんは見るも無残だったけど)

読んでくださった方の中には

『じゃ〜どうすればええんや!』

って思われる方もいると思います。

学生時代勉強してなかった自分なので国語力も皆無で伝える力はむしろマイナスなんじゃないかなぁ…ってな自分なので上手く伝わらないと思いますが…

・車に乗る以上、自分だけが注意してても事故は起こる。(加害者にも被害者にもなる可能性がある)

・体調面もメンタル面も運転もすべて「余裕を持ちすぎる」ぐらいじゃないとダメなんじゃないかな…

って改めて感じました。

読んでくださった方は心の隅の隅の方でいいので『元走り屋の分際で偉そげになんか言っとるヤツがおったわw』ぐらいに心に留めてもらえたらと思います(苦笑)

余談ですが…

上で書いた事故、交差点でやられたのですが…

ぶつけた居眠りおばさん泣きながらは

『夜勤が忙しくて、あまり寝てなくて…気づいたら寝てしまって…』

と警察が来るまでひたすら言い訳タラタラ…

黙って聞いてると

トドメで

『前にも起こして…点数が…通勤に車が必要なのでどうにか…』

と泣き落とし…

結局最後はケガさした相手よりも自分が可愛いのが人間みたいよ…

|ω・`)『あのね…おばちゃん、頭痛いのにさっきから自分のことばっかりやかましいんじゃわ。それより明日からの通勤どうするんか考えて警察待っときんさい』って言ったか言わなかったかはご想像にお任せします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です